2017年11月6日月曜日

ほっぷ☆すてっぷ☆ディキャンプ!報告

 東日本大震災から6年が経過し、被災地では災害公営住宅などの自宅再建もすすみ、新たなコミュニティ―での生活が始まっています。そのため住環境の変化などによって子ども達にもストレスを受けやすい状況は続いています。

 当センターでは被災地の小学生を対象に、子ども達に様々な体験を通じて、セルフケア能力の向上を目的に、毎年「ほっぷ☆すてっぷ☆デイキャンプ」を実施しています。

 8回目となる今年は10月28日(土)に松島町野外活動センターを会場に行いました。
   DSCF3480_convert_20171106174927.jpg

<プログラム>
  ◇はじまりの会  ◇火おこし体験   ◇野外レクリエーション
  ◇こころのおべんきょう(ヨガ) ◇おわりの会など
  
    IMGP5952_convert_20171106161836.jpg
      火おこし体験の道具。おこせた火で焼き芋作りました。
 
     IMGP5956_convert_20171106162119.jpg
      外でのレクリエ―ション

はじめて参加の子、毎回参加してくれる子。天気に恵まれて、子ども達は、日常から離れ、思いっきり満喫していました。
当日は、前回紹介したサブリーダーが今回スタッフとしてデビューしました。
ボーイスカウト、サポーターズクラブのみなさまにもご協力いただきました。

      RIMG0247_convert_20171106182307.jpg 
Trick or Treat (トリック オア トリート) を合言葉に手作りハローウインBOXから、キャンディのつかみ取りをしました。

子ども達は何が入っているのかドキドキしながら、大はしゃぎでした(^^♪

みやぎ心のケアフォーラムを開催しました

 10月26日に「みやぎ心のケアフォーラム」を開催し、多くの方にご参加を頂きました。  はじめに県内の3地域、県、当センターから現状や取り組みについての報告のあと、 国立精神・神経医療研究センター 金吉晴先生に 総括していただきディスカッションが行われました。ディスカッションで...