2018年4月9日月曜日

子どものためのPFA研修のお知らせ

 「今年の冬は寒い」と思っていたら、あっという間に桜の季節がやってきましたね。
 基幹センターの近くにある錦町公園の桜はすでに満開で、多くの方が足を止めて見入っておられました。できるだけ長く咲いていてもらいたいものです。
錦町公園 桜

 さて、研修会のご案内です。
 毎回ご好評頂いている「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」を今年度も実施いたします。
 昨年度は県内3か所で実施したのですが、今年度はさらに多くの方に受講していただきたいと考え、一か所増やして計4回の開催予定(気仙沼、東松島、大崎、仙台)としています。
 子どものためのPFAは、地震や事故などの危機的な出来事に直面した子どもたちへの支援として広く用いられています。誰もが使える支援方法を前提としているため、専門職だけではなく、子どもと接する機会のある一般の方でも参加していただけます。
 下記からお申し込みが可能です。
http://miyagi-kokoro.org/news/detail---id-269.html
 定員に達した場合は、早めに締切する場合がありますので、お早めにお申し込み下さい。

仙台トリビア

仙台の町中の地名は少し特徴があることをご存知でしたか。  みやぎ心のケアセンター基幹センターがあるのは「本町」ですが、仙台駅前の地名は「名掛丁」。仙台には「まち・ちょう」の表記が「町」と「丁」の二通りあるんです。  実はこの違い、仙台藩祖伊達政宗公が仙台の町を開いた...